瞑想の方法とやり方

瞑想の注意点

瞑想の副作用

瞑想の実践をするにあたって最も大切なことというのは、なによりご自身の今の状態にその適用があるかという点なのです。 例えばただ単に心身が疲れているだけでなく、欝病や不安障害などの心の病気が発病してしまっている場合におきましては、まず現代医学の標準的な考え方でそれらを治療する必要があるのは当然のことです。 やみくもに、瞑想を行ってしまいますと思わぬ副作用に遭遇する恐れすらあります。できることなら専門家に相談した上で瞑想を行なってみるようにしてください。

瞑想の準備をする

瞑想は周囲に煩わされないような時間と静かな場所をまずは選んで、椅子に腰掛けるか足を組んで座り、背筋を伸ばしてください。そして、そっと眼を閉じて(瞑想の中には半眼にする方法もあります)全身の力を抜いてください。 更に鼻の先に注意を集中し、鼻先から空気が入ったり出たりする感覚を静かに観察するようにしましょう。呼吸の数を1から10まで数えて、それが終わったら再度1から数え直すようにします。そしてこれを繰り返します。もし途中で数がわからなくなってしまったらまた1から数え直すようにしてください。

瞑想の注意

瞑想の注意としまして様々な考えが頭に浮かんできたとしましても、一切気にしないで無視するようにしましょう。また、リラックスした状態に達しているかなどと気にしないようにしましょう。様々なことにとらわれない態度で、自然にリラックスするのを待つようにしてください。

人生最適化メルマガ講座
殿堂入り




「アメリカで一番になった!」(まぐまぐ)も購読する

スピリチュアルチェック

瞑想方法トップ 瞑想の効果 瞑想の仕方 瞑想ヨガ 瞑想呼吸法
瞑想教室 チャクラ瞑想 瞑想とは 潜在意識と瞑想 誘導瞑想 瞑想関連記事