瞑想の方法とやり方

瞑想と座禅

瞑想という言葉

「そもそも瞑想とは何のことですか?」と質問をされてしまうと、一瞬「え?」と考えてしまうことがあります。 それは瞑想の中に様々なアスペクトが存在しており、その人がどこにいて、どんなものを思い描いているのか、などということから、出てくる答えに変化が出てくるからです。 「瞑想」という言葉を実際に辞書で調べてみると、《目を閉じて深く静かに思いをめぐらすこと》《何かに心を集中させること》というように説明されています。 これは東洋と西洋の概念の違いと、翻訳の時に言葉を当てはめるところからくる混乱の結果だと言えます。

瞑想と状態

キリスト教の中で神に心を没入させることで、一心に祈ることを東洋の瞑想と同じものだと思っていたことがありました。 なので上記のような間違った訳語が生まれてきてしまったのです。 本来仏教におきましては、瞑想という言葉は使用しないで坐禅という言葉を使っています。 瞑想という言葉は、一つにはあらゆる想いが無くなっているという状態を現す言葉として使用されています。

瞑想とは何か?

つまり瞑想とは何か?という質問に対しては何かに対する考えや想いなどが寂滅している状態であり、心をわずらわせるようなものが何もない、つまりは無の状態、そして心配や不安などのネガティブな想いが無く、日常の中で体験するような嬉しさや喜びといったポジティブな感情などからも解放されている状態のことを言います。

人生最適化メルマガ講座
殿堂入り




「アメリカで一番になった!」(まぐまぐ)も購読する

スピリチュアルチェック

瞑想方法トップ 瞑想の効果 瞑想の仕方 瞑想ヨガ 瞑想呼吸法
瞑想教室 チャクラ瞑想 瞑想とは 潜在意識と瞑想 誘導瞑想 瞑想関連記事