瞑想の方法とやり方

瞑想の種類

瞑想の二つの種類

瞑想というものは大きく分けるとすると二つの種類に分けることが出来ます。 その一つは、身体を動かさず(不動)に瞑想する瞑想法であり、英語圏におきましては「パッシブ・メディテーション」と呼ばれています。 坐禅やヨガなどのトラッタック瞑想(ローソクなどの明かりをずっと見つめる瞑想法)などは、この仲間に入ると言えるでしょう。 実際に身体を動かさずにジッとしていると、「動きたい」というエネルギーが内側に向かってしまい、最初は心の中がより生き生きと活動的になってくることでしょう。

瞑想の例え

それを静かに意識している(観照)していることで、いろいろと騒がしいと感じる内面の混乱と混沌が少しずつ収まってきます。 そしてある時クリアな静寂の世界が現れてくることがあります。 例えば子供たちが池の中で遊んでいる時というのは、水はかき回されて濁ってしまっていますが、子供たちが池から出てしばらく時間をおくと、ゴミや泥は池の底に沈んでいってしまい、水は再び綺麗に透き通って見えてくることでしょう。

動的瞑想

これと同じように、瞑想を続けていくことで、あちらこちらに散乱してしまった心が、元の澄んだ状態に戻るということを実感することが出来るようになるハズです。 もう一つは、身体を動かす瞑想法であり、動的瞑想(アクティブ・メディテーション)とも呼ばれています。 少々難しい話かもしれませんが、この二つの瞑想法を実施することにより、貴方の人生に大きな変化を感じることが出来ることでしょう。

人生最適化メルマガ講座
殿堂入り




「アメリカで一番になった!」(まぐまぐ)も購読する

スピリチュアルチェック

瞑想方法トップ 瞑想の効果 瞑想の仕方 瞑想ヨガ 瞑想呼吸法
瞑想教室 チャクラ瞑想 瞑想とは 潜在意識と瞑想 誘導瞑想 瞑想関連記事