瞑想のやり方と方法

瞑想のやり方と方法

瞑想と潜在意識の関係

潜在意識という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 我々が普段考えて行動しているという意識ではなく、貴方自身の心の奥深くに眠っているのが潜在意識であり、時に大いなる力を我々に与えてくれます。 そんな潜在能力を発揮させるためにも瞑想することが大事となります。 つまり潜在意識を誘導するには瞑想するということです。 瞑想を毎日、朝夕一時間ずつすることで、一ヶ月から数カ月程度で必ず何かを得ることが出来ることでしょう。 これがいわゆるまったくの真理であり、不思議な力を得る真の秘訣なのです。

瞑想とは精神統一

更に瞑想とは精神統一であり、つまり無念無想のことを言います。 誰も初めのうちは最初から無念無想にはなることは不可能なので、まずは精神統一の変わりに精神集中をしてみましょう。 ある事柄に懸命に集中します。そしてその集中する相手が変わることを動的集中と言い、一つのものに集中するのを静的集中と言います。 何かに集中して我を忘れることを無我一念と言い、この状態が精神統一の効果を生み出すキッカケとなります。 そして念力も精神統一をすることで発生してくることでしょう。 しかし超常能力を発生させるためには思想が必要となってきます。

潜在意識と生命の叫び

我々が心に思うことは実現します。それは、良い方向にも、悪い方向にも同様に働くことでしょう。 心に思うことというのは、自分はこうありたいという願いであり、それらは長く思い続け、そして強く考えることにより、一つの思想であり、想念となることが出来ます。 また真言とはお経のような短い呪文のことを言います。もともとサンスクリット語で書かれたものであり、修行時にこれを唱えることが多くなっています。 このような真言の意味を追求してみますと、これらは「生命の叫び」とも言えます。例えば人間は熱い物に触れると「熱い!」と叫ぶでしょう。これが「生命の叫び」です。

瞑想で心を空白に

またいたずらをして、冷たい物を「熱い!」と叫びながら他の人に手渡すと、その人はきっと瞬間的に手を引っ込めてしまうハズです。実はそれは言葉が条件反射として成立しているからなのです。 このようなことと同じ原理が我々の潜在意識の世界にも通用しています。 つまり言葉によって我々の潜在意識に反射を成立させることが可能となります。そして真言を唱えるということも、潜在意識で体得することになります。 さぁ、貴方自身の真言を作ってみてください。そうすることでそれがよくわかるはずです。 貴方自身の真言がもっとも大切なのです。 つまり、耳で聞くことが出来ることを自然に勧めているということです。 自分で納得しないものと呼ばれている真言は真言の意義が薄くなっています。 なので瞑想や精神統一というのは、雑念を払いのけ心を空白にすることなのです。

瞑想を理解しましょう

少々難しいことをここでは書かせていただきましたが、これからを完全にすぐに理解をしようとしても無理な話です。 まずは潜在意識について学び、そして瞑想について学び、最終的に潜在意識と瞑想がどのような関係にあるのかを理解することで貴方のこれから進むべき道がきっと見えてくることでしょう。

誘導瞑想とサブリミナルCD音楽

瞑想での理想的な脳波は、シータ波と言われています。シータ波は、眠りに入る直前の 脳波です。シータ波の音楽を聴くことで、瞑想にふさわしい周波数にすんなり入ることができます。 その意味で、瞑想向けの音楽を聴くことは、瞑想のやり方をスムーズにします。 これから瞑想を始めたい方、瞑想をやっているがうまくできない方に、こうした、 誘導瞑想とシータ波誘導を一つにしたCDがあります。ご興味がある方は、 下記のページをご覧ください。

誘導瞑想とサブリミナルCD

人生最適化メルマガ講座
殿堂入り




「アメリカで一番になった!」(まぐまぐ)も購読する

スピリチュアルチェック

瞑想方法トップ 瞑想の効果 瞑想の仕方 瞑想ヨガ 瞑想呼吸法
瞑想教室 チャクラ瞑想 瞑想とは 潜在意識と瞑想 誘導瞑想 瞑想関連記事